白髪対策なら原因を調べる【頭皮を清潔に保つ】

適切にケアを

美白に有効な成分とは

ウーマン

シミとひとことで言っても、さまざまな種類があります。
自分にできたシミはどの種類かを知って、適切な対策をとりましょう。
最も多いシミは老人性色素斑です。
これは日常的に紫外線を浴びることできます。
また虫刺されやニキビあとなどが色素沈着を起こしてシミになることも。
そばかすは遺伝によるものが多いです。
妊娠中などホルモンバランスの崩れによりできるのが肝斑です。
きつい日焼けによって起こるのが花弁状色素斑で、花びら状にシミになりす。
このうち、花弁状色素斑は美白化粧品では消したり薄くしたりといった効果は期待できません。
美容系皮膚科で相談しましょう。
それ以外のシミは、対策として美白成分が配合された化粧品の使用が有効です。
美白成分として効果があるとされているのは、ビタミンC誘導体、アルブチン、ルシノールなどです。
またトラネキサム酸やプラセンタなどもチロシナーゼの働きを阻害する作用があり、美白効果が期待できます。
これら美白化粧水を使用するときは、個人によって肌に合う、合わないがあり、効果に差があります。
まずは試してみて、自分に合うと思うものを探しましょう。
また、美白化粧品は継続して使用することが大切です。
シミのもっとも効果的な対策は、シミの原因となる紫外線を浴びないことです。
紫外線は夏だけではなく、1年中降り注いでいます。
冬でも油断せず、しっかり紫外線対策をとるようにしましょう。
虫刺されやニキビ跡もシミになることがありますので、かきむしったりつぶしたりしないことも大切です。

美肌を保つ方法

婦人

女性のお肌の悩みは多岐にわたっていますが、最も代表的とされるのがシミと言われています。
特に40代の女性の多くが、ここに来て急にシミが目立ってきたり数が増えてきたと訴えています。
なぜ40代女性にこの悩みが多くなるのかというと、この年代ならではの体の変化が原因なのです。
女性ホルモンは、肌の美しさを保つ働きをしています。
しかし、女性ホルモンは20代をピークに分泌量が減少し、40代ではピーク時の半分ほどとなってしまうのです。
そのため、今までと同じスキンケアを行っていると肌の状態を保つことが難しくなってきます。
中でも顕著になるのが肌の乾燥です。
女性ホルモンの量が減少することで、肌の水分保持成分も減少することから、それまでなかったシミやしわ等の肌の衰えが目立ってくるのです。
特に、以前から紫外線を浴び続けている環境にあった40代女性はこの時期に急激にシミが増えやすくなると言われています。
そのためこれを防ぎ、またできてしまったシミを薄くするにはできるだけ早く対策を行う必要があるのです。
シミ対策には、美白効果のあるスキンケアが挙げられます。
美白効果があるとされるビタミンC誘導体やトラネキサム酸が配合されたスキンケアがシミ対策として有名ですが、40代女性はこれにプラスして乾燥に効果があるエイジングケアが必要です。
こうした普段のスキンケアを対策の第一として、さらに効果の高いシミ対策と推奨されているのが、美白成分ハイドロキノンが配合されたクリームの使用です。
ハイドロキノンは科学的にも実証された美白成分で、強力なことから現在皮膚科や美容皮膚科等の病院で処方されています。
効果が高いこともあって評価も非常に高いクリームです。
なお、このクリームは5gで2000円くらいが相場です。
最近では、ハイドロキノンの濃度を薄めて配合している化粧品もありますが、こちらは比較的高価格帯のものが多くなっています。

医薬部外品であること

ウーマン

シミを薄くするために、美白化粧品を使っている人は多いようです。
しかし、市場ではプチプラから高級品まで、さまざまなタイプの美白化粧品が販売されているため、どれを選べばよいのか迷ってしまいます。
シミ対策の化粧品を選ぶ時のポイントは、厚生労働省に認可された薬用美白成分が配合されていることが挙げられます。
ビタミンC誘導体、ハイドロキノン、トラネキサム酸、プラセンタエキスなどは、厚生労働省からお墨付きを貰った美白成分であるため、効果が期待できます。
また、薬用美白成分が配合されていても、配合量によっては思うような効果が出ないこともあるため、規定の分量が配合されている、医薬部外品と表示されたシミ対策化粧品を選ぶようにしましょう。
そして、長期にわたって使用できる金額であるかもポイントとなります。
シミ対策化粧品は薬ではないため、即効性はありません。
そのため、最低でも3ヶ月から半年は使い続ける必要があります。
あまり高価なものは、使っているうちに経済的な負担となり、使用を継続できなくなってしまいます。
経済的な負担にならずに使える、シミ対策化粧品を選ぶことも重要です。
これらのポイントを念頭においてシミ対策化粧品選びをすると、使い続けるほどに効果を実感できるものが選べます。
シミ一つあるだけで、顔の表情が曇って見えたり、老けて見えることもあるため、シミ対策化粧品でしっかりとスキンケアを行い、白く美しい肌を目指しましょう。

健康的なダイエット方法

漢方

かつて一般人にとっては夢のような高級食品だった高麗人参が、今ではサプリなど数千円で購入できる時代になりました。高麗人参にはサポニンが豊富に含まれており、脂肪をつきにくくしてくれたり、体の乾燥を防いでくれる効果があります。

もっと読む

ムダ毛ケアも家庭で簡単に

女性

「ムダ毛ケア」と言えば、エステティックサロンでやるイメージの方がまだまだ多いのではないでしょうか。しかし最近は家庭用のムダ毛ケア用品も進化しており、レイボーテはエステ店と変わらない機能を備えたムダ毛ケアと美肌を同時に叶える美容家電です。

もっと読む

適切にケアを

ウーマン

お肌にできるシミにはいくつもの種類があります。種類を知って適切な対策を取りましょう。花弁色素斑以外のシミは美白成分配合の化粧品を使うといいでしょう。美白成分には、ビタミンC誘導体やアルブチン、ルシノールなどがあります。美白化粧品を使うだけでなく、できるだけ紫外線を浴びないようにすることも大切です。

もっと読む